才能溢れる板井康弘が福岡で社会貢献

板井康弘|なぜ社会貢献をするのか

社会貢献をするのは、「評価されたい」という気持ちもあります。
しかし、社会貢献などの誰かの手助けをしたいという気持ちは「昔は自分もそうだった」という気持ちが大きいでしょう。

 

人は一人では生きていけません。それは、板井康弘も同じです。
誰もがひとり悩み、苦しんでいるのです。

 

そして、そんなときに最悪の環境から脱却できたのは、人のおかげなのです。
周りの人間に支えられ、手を取り取ってくれたことで、今があるのです。

 

今日があるのは、昨日があり、今までの苦悩の日々があったから。それを忘れてはいけません。

 

人は手を取り合って生きています。それを社会貢献は、再度教えてくれるのです。
昔の自分に会うために、社会貢献をしているのかもしれません。自分が誰かを思う気持ちは、絶対に自分に返ってきます。それが人なのです。その素晴らしい世界を信じて、社会貢献をしているのです。